スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#29日目 与沢塾3期 1日1気づき

みなさん、雪すごいですね。6人が死亡、500人がケガしているそうです。

関東で初の積雪27センチ。

ニュースでは小さなシャベルで雪かきしていました。

私は北海道出身ですが、それでもはやり転ぶ時は転びます。

出来る限り、すり足でお願いしますね。


では、今日の学びです。



「信頼は売り上げに直結するの?」が一番学びになりました。

信頼というキーワードの学びをいくつかピックアップします。

●お金の本質は信頼。

この言葉を聞いて、「???」です。 なんとなく分かりますが、なんとなく分からないのです。

特に給与をもらって生活しているサラリーマンは、信頼がなくても時間さえ立てば自動的に給与が振り込まれるわけですし。


●信頼は競争をなくす

これはとてもよく分かります。

例えば、一度信用できる車のディーラーから買うと、次の時もその人から買いたいと思ってしまいます。

一度信用したお医者さんには、次も同じお医者さんが良い、ということになります。

一度信用されると、同じレベルの競合には目がいかなくなります。
もしかしたら上のレベルの競合でも目がいかないくらいの信頼があるかもしれません。


、、、とすると、信頼はお金になるのが少し理解出来ます。

・先に信頼を得られれば、継続的に収入が得られる
・競合がいなくなるので、広告費などが費やす費用も減る



●信頼の蓄積は、目に見えない貯金

「信頼貯金」という考え方があります。子どもに信頼について教える時に使います。

「いいかい?良いことをすると信頼貯金箱にチャリンと落ちて、それが少しずつ貯まっていくんだ。でも貯金箱だからすぐには出せないよ?いっぱい貯まって溢れ出ていくくらいになったら、みんなが君のために協力してくれるようになる。」

そんなことを言っていた時期が私にあります。

7つの習慣という成功法則の本があり、その子ども版「7つの習慣Jr」という教材を教えていた時期があります。 


ですので、よく分かります。

信頼は蓄積。コップに水をポタポタ垂らすようなもの。


コップ一杯になってもまだこぼれない、、、

だんだん表面が丸く盛り上がってくる、、、でもこぼれない。

最後の一滴をポトンっと落とした瞬間に、盛り上がった部分がドバ〜っと溢れでる。


この溢れでる時に、お金に換金することも可能ということですね。


なんか、だんだん、お金の本質は「信頼」がわかってきたような感じがします。


その他にも
●信頼の蓄積方法:リアルとネットを分けて考える
●信頼貯金をお金に換金する時の心得
●本題に入る時のタイミング

など、細かいテクニックもありましたが、大事な部分は

お金と信頼の関係を実感する、府に落とす、ということだと思います。

長い文章を読んでいただき、本当にありがとうございました。


椿賢太郎




P.S.
・「もっと長くでも読める!!」
・「与沢塾に興味があるから、もっと色んなこと教えてほしい!!!」
・「もう入ることは決めている。先取りして早く成果を出せるようにしたい!」

という方にメルマガ発行を考えております。

現在、作成中です。もしよろしければ登録だけでもしておいていけだければ、準備が整い次第、お送りさせていただきます。

下のURLから簡単に出来ます。

→ https://ssl.form-mailer.jp/fms/233b2aa5284398
スポンサーサイト

#28日目 与沢塾3期 1日1気づき

与沢塾28日目
「質の高い情報発信とは?」は一番学びとなりました。

情報発信の信頼性を高めることが、その後の私たちの活動に賛同してくれる人たちを集めることになります。

では、どうすれば出来るのか、ですが、簡単な話でした。

◉「実績を見せる」

ということです。

・私たちの売り上げを示す
・出版している本を示す

などです。

ここで私は思いました。

「いやいや、じゃあ、実績ない僕はどうするの?」
「時間かかるじゃないか、最短最速じゃないじゃん!」

という声のために、次の手がしっかりと与沢式には用意されていました。

◉「軸」をつくる

情報発信の軸を決めて、それについて発信していくわけです。

他の人が「なるほど」「詳しいんだなこの人」「よく勉強してるな〜この人」

と思ってもらえるようになることです。
その結果、信頼を得ることが出来るということです。

ではそれを実践に落とし込むための方法も、ここで共有してしまいます。

1、質の良い内容
2、継続性

です。

「1」は当たり前ですが、常に意識しておくことですね。
そして「2」。継続することが大切ということです。

最初は信頼がないかもしれません。
しかし継続していくことで、じょじょに信頼というものが得られてくるということです。

まとめ
1、実績を見せる
2、軸を決める(質と継続性)

◉成功への宿題
・1もしくは2を意識して情報発信を行う

#27日目 与沢塾3期 1日1気づき

与沢塾27日目
「シナリオがある文章を作る」が一番学びとなりました。

シナリオの作り方
●森(ゴール)を見せる
●情報にも価値がない、商品にも価値がない。読者の幸せな姿を見せてあげることが価値に繋がる

●第一話最重要の原則
・一通目のメールがつまらなければ、終わり
・最初に価値がないとなると、価値がないと思われる
・最初が凄ければ、あとはついてくる

●1話の中にハイライトを必ずつくる。必ず盛り上がり所をつくる

だから、単体でもドラマは面白い

●次回予告を入れる
・次を見る理由を作る
・重要性を覚えさせる

●ドラマの進展のように、話を作っていく

成功への宿題
・シナリオを考えながら記事を書いてみる

#26日目 与沢塾3期 1日1気づき

与沢塾26日目

「マーケティングの本質とは」が一番の学びとなりました。



マーケティングとは、消費者の心を動かす、ということ

 

・人々は基本的に、何も買いたくない

・めんどくさい、いらない、売り込まないでくれ、興味がない

・後でいい。

・本当に必要だと心が動かない限り買わない

・購入手続きをとることさえ面倒くさい

・基本サイフのヒモは固い



この人たちを動かすためにマーケティングがある

#25日目 与沢塾3期 1日1気づき

与沢塾25日目
「記事は誰も書かないことを書く」が一番学びになりました。

●記事は誰も書かないことを書く
・業界のタブー
・雑誌社がやるようなこと
・リスクは高まるが、最初は自分の強みがないので、やる

●個人を特定しないためには、団体など、広い概念にしておくと良い
・しかし、誰も言わないことを言うことに意味があるので、微妙なバランスが必要な部分

成功の宿題
・上記のことを意識して記事を書いてみる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。