スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「介護される立場になる前に知っておきたいこと」 「不安な介護士さんに知っておいてほしいこと」




「介護される立場になる前に知っておきたいこと」
「不安な介護士さんに知っておいてほしいこと」


私はITビジネス、ネットビジネスで収入があるように勉強中です。

私は元介護士です。

今はリハビリの資格をとって、そっちを使って働いてますが、
以前は、

①日中リハビリ(病院)
②夜勤で介護(お宅)
③家には帰らずそのまままたリハビリ(病院)

という生活もしていました。
けっこうキツかったな~と今も思います。


リハビリの資格で働いたのは、介護士だけでは先がない、
と感じたからです。


「つばきさん、何言ってんの? これからどんどん高齢者が
増えるんだから、どんどん必要とされるんだよっ。」

という声には、ハッキリとお答えします。


その通りですっ!!
介護士さんは足りていないので、海外から雇うという話まであります。


下のグラフを見ても、どんどん必要になってきています。







「ほら、じゃあ、この先も安泰だねっ」
「良い職業を選んだわ~~」

という声には、ちょっと待ってください、と言いたくなります。


20台の若い方々は、じょじょにお給料が上がってきているかもしれませんが、その後の伸びはありませんよ。







「げ、賃金低いな~、でも、感謝される仕事だからま~良いか。」

たしかに感謝されます、すごくありがとうを言われます。

しかしながら、この図をみてください。







実際の声として、

「人手が足りない」
「仕事はハードなのに賃金は安い」
「それなのに、社会的評価が低い」

とあります。

私も現場で働いていて、感じます。

どんなに働いても、看護師さんよりは下。命令をされる側であることが多いです。


・将来の伸びは期待できない
・仕事はハード
・社会的地位は低い


ということなのです。

介護保険料を出来る限り低くしたい日本ですから、
その保険料で経営するなら人件費を安くするのは当たり前の話
ですね。


介護の仕事が好きな方ももちろんいると思います。

素晴らしいです。本当に心の優しい方だなと思います。

ただもし、収入がその仕事だけだったら。

仕事は好きだけど、先行きが不安なら。

そんな優しいあなただからこそ、副収入にも目を向けて
ほしい思います。


最初は好きで始めた仕事が、いつの間にかお金のために
なってしまっているとしたら、別な収入源にも目を向けて
みてほしいです。


お金の余裕は、心の余裕に繋がります。


高齢者にももっと優しく接することが出来ます。



また、将来もし介護されるにしても、自分を犠牲にしている
介護士さんではなく、心に余裕があって明るく楽しい介護士
さんがたくさんいる方が良いです。

つまらないお爺ギャクにも笑ってくれる介護士さんが良いです。

ITビジネスをするということは、それを介護士さんたちに教えて、
将来の介護の質を上げる役目も担っているかもしれません。


やや話が飛びすぎですかねっ。でもそのくらいの規模で考えていきたいです。

椿賢太郎
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。