スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「不向きな仕事を続けるデメリット」


「不向きな仕事を続けるデメリット」




銀行の事務員の方の話をしました。


「ひたすら作業で、嫌になりませんか?」


事務員の方は言いました。

「ひたすら淡々と作業するのが良いんですよ」
「人と話すとか、いらないんです。淡々とやるのが好きなんです。」


え~~、こういう人、本当にいるんだな~。

と思いました。


その足で、病院の検査室の人と話しました。

オシッコや血のデータを取る人たちです。

フラスコやガスバーナー、顕微鏡と、小学校の時に
一度はいたずらして壊したことがある物が並んでいます。

「ひたすら作業するの、嫌にならない?」

検査の人はこう言いました。

「超~面白しろいよっ!一生やってられるよっ」



え~~!? ほんとに? 


腰を抜かしました。



僕には到底続けられないな、と思いました。


その証拠があります。


検査の所には、僕に性格が似てる人がいます。


その人、仕事が全然出来ません。

ミスばっかり、上司にも呆れられてます。


僕はかんとかリハビリという仕事で患者さんから口コミで信頼を得られるようになりましたが、

僕がこの検査の仕事についていたと想像すると、、、ゾっとします。

しかし、ながら、10台で資格を取る学校に入り、
そのままその資格を使って就職です。

10台で自分の適性ではない資格の学校にいった人も
少なくないと思います。

そんな人は資格で働く、という考えから一歩自分を引いて
見てみると良いのではないか?

と思います。


もし収入が足かせになっているなら、別に収入源を作れば良いのです。

僕が出来る限り楽しく副収入を手にいれられるように仕組み作りをします。

少し待っていてくださいね。

椿賢太郎
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。